もっと安く引っ越しできないの!?こんな値段じゃ引っ越ししない!まだまだ安くして!そんなあなたに引っ越し節約術をお教えします。

まず基本ですが、一括見積もりサイトを使えば、30%値引き、うまく行けば50%値引きぐらいに引越し費用が抑えられます。一度試してみてください。ではその手順を紹介しましょう。

一括見積もりサイトを使う

本当に一番安い業者を探すためには、見積もりサイトを利用するのがベストです。とは言っても、あまりたくさんの見積もりサイトを使っても手間が増えますので、使うサイトとしては、下記のサイトを使っておけば間違いないです。

>>引越し侍

・参加業者数が業界最多の160社強。
・大手業者の比較が可能。
・単身の安い引越し業者探しにも最適。
・個人情報管理も一部上場企業なので安心。
・特典あり。

その中から安い業者を3社ほど選ぶ

次に説明する「値引き交渉」で、どの業者がどれほど安くなる、といったことはこの段階では予想できません。
なので、1つに絞らずいくつか候補をあげておくのです。ここでの候補が多いほど、手間は増えますが安くなる可能性は高くなります。あなたのやる気次第です。頑張ってください。

下見、値引き交渉

引っ越し業者が下見に来た後に、「こちらの値段で・・・」と、値段を提示してきたら、必ずそこで渋ってください。

「いやー・・・それはちょっと・・・」と。

何故か?それは最初に提示する値段は、まだまだ値引いても十分利益が出る値段だからなのです!
なので渋りに渋って、その日はまず一度お断りしましょう。これを他の候補業者にも試します。

すると数日後、「こちらの値段でどうですかね?」と電話がかかってきます。
その値段で満足できれば「はい、お願いします」と言いましょう。

これが引っ越し節約術です!

少し手間は増えますが、これだけで30~50%も割り引いてもらえるなら「節約お化け」の方でも満足ですよね。

ここまで手間を掛けるのはちょっと面倒だな・・・って人でも、一括見積もりサイトを1つぐらいは使いましょう。
それだけで劇的に変わります。

安く済ませるポイント、それは比較!覚えておくといいですよ。

引越しは一括見積もりをするだけで安くできます!

引越しが決まると、まず気になるのが引越しにかかる費用。

単身引越しで数万円、家族引越しだと10万円以上にもなる大きな出費ですので、少しでも安く契約できる業者を探したいところですよね。
そんな時にとても便利なのが、やはりインターネットの引越し見積もり一括比較サービスです。

「最安の引越し業者」を無料で簡単に探せるので、引越し費用を思いっきり格安にすることができます。
大手引越業者に強い一括見積もりサイト、中小業者中心の一括見積もりサイトなど、サイトにより特徴が異なりますので、それらを理解してベストな引越し業者を見つけましょう!

引越し見積もり体験談

昨今、人の生活において引っ越しというものは避けては通れないものではないでしょうか。
学生は故郷は離れた大学に通う際に引っ越す必要があるし、社会人になればなおさらのことだと思います。

ところがここで一つの注意点があるわけです。

それは荷物の量によっては大手引越し屋さんに依頼するよりも、地元密着の引越し屋さんにお願いする方が断然にお得なケースもあるということなのです。
ここからは私の体験談になりますが、危うく数万円単位の損をする羽目になりました

その頃の私は大学生の身で東京に住んでいましたが、ある事情により帰郷(熊本)することになりました。
距離的に言えば関東から九州なわけですから中々の距離です。
なので、できるだけ荷物を減らして、せいぜい衣服、布団一式、テレビに本だけを輸送してもらおうかなと某引越し屋さんに電話しました。

すると約10万円すると言われてしまい、相場の分からなかった自分でさえもその金額に驚きを隠せませんでした。
その時、一旦電話を切った私は色々と調べた末に格安の方法、前述したとおり地元密着の引越し屋さんに見積りをお願いしました。
値段はなんと、約3万円にまで抑えることができました。

さて、幸運にも大損することなく引っ越しができた私ですが、ここで何を言いたいかというと、
荷物量によっては大手引越し屋さんに頼むのではなく、地元密着の引越し屋さんにお願いした方がお得なケースもあるということです。
もちろん、ケースバイケースではあります。
荷物量が多ければ大手引越し屋さんの方がいいでしょう。
しかし、引越しをする際は一度は見積もり比較する価値はあるはず。
どうか損をしないように、新天地でも気持ち良く生活できることを願っています。

・参加業者数が業界最多の160社強。
・大手業者の比較が可能。
・単身の安い引越し業者探しにも最適。
・個人情報管理も一部上場企業なので安心。
・特典あり。

引っ越しの見積もりを取る前に決めておくべき3つのポイント

引っ越し業者を決めるにあたって重要なのが見積もりです。見積もりを取ることで具体的に必要な金額がわかりますし、一番安い業者をみつけるのにも役立ちます。
ところでこの見積もり、何時のタイミングで取ったら良いのでしょうか?

見積もりに必要な情報

引っ越しの見積もりを依頼する時に必要な情報は以下の3つです。

1.引越し先住所
2.引っ越し希望日
3.新居に運ぶ荷物量

これらの3つが決まったら見積もりを取るようにしましょう。引っ越しの準備は早め早めの行動が肝要と言えど、どれか一つでも欠けているようであれば時期尚早です。

では、なぜこの3点がないと困るのか、一つひとつ考えてみましょう。

引越し先住所の注意点

見積もりの際には引っ越し先が具体的に決まっている必要があります。
「だいたいこのあたりの地域」であるとか、「今部屋を探している」という状態では駄目です。

住所が決まっていないと困る理由の一つは、引っ越し先の建物の状況によって値段が変わるためです。
例えば、部屋の階数やエレベーターの有無。2階の部屋に荷物を運ぶのと、階段のない4階の部屋に荷物を運ぶのとでは必要な人数が違います。
建物の前の道路の状況も重要です。目の前にトラックが止まれるような広さなのか、それとも離れた場所に止めなければならないのかによってかかる手間が変わります。荷物を運ぶのに手間や時間がかかるような物件であれば、当然値段も上がります。

また、引っ越し先の決まっていない見積もりは「本当は引っ越しする気がない」と思われる可能性もあります。冷やかしと思われるかもしれません。
中には、引っ越し先未定で一時的に荷物を預かった結果、荷物はそのままに夜逃げされて連絡が取れなくなったというケースもあり、業者も怪しい見積もりには警戒しています。

引っ越し希望日で料金が変わる

引っ越しの料金は、曜日によって変わります。平日に比べると、希望者の増える土日の引っ越しは高くなります。月末より月の初めのほうが安いなど、月のいつ頃かにも左右されます。ですから、具体的な希望日が決まっていないと料金も計算できないのです。

希望日が重要な理由はもう一つあります。それは見積もりの時点で「仮予約」となるということです。
見積もりを出しておきながら、「その予定は他のお客さんで埋まっちゃったからもうナシです」と言われたら、お客さんは確実に怒ります。業者は見積もりが有効な間、その日程で引っ越しができるように予定を開けていなくてはなりません。引っ越しに必要なスタッフとトラックを抑えておくためには、具体的な日日程が決まっていなければ到底対応しきれません。

見積もりを依頼する際には、第3日程まで希望を決めておくと良いです。希望日が一つだけだと融通がきかず困ることもありますし、反対に全く決まっていないのも困るからです。
ぎりぎりにならないと予定がわからないという場合や、何時でも大丈夫という場合は、最低限条件を絞るぐらいのことはやっておきましょう。曜日はいつが良いか、土日か平日か、この日だけは絶対に無理であるとか、いつからいつまでなら休みが取れそうなのかなどを明らかにしましょう。

新居に運ぶ荷物量の申告は重要

引っ越しの料金は荷物の量によって大きく左右されます。どのぐらいの荷物を運ぶか分からなければ、見積もりの出しようがありません。

引っ越しを機会に荷物の処分を考えている場合は、何を処分して何を残すのかはっきりとさせておきましょう。人に譲りたいと思っている家具や家電のある場合は、譲れなかった場合に処分するのかどうかも決め手から見積もりを取りましょう。

荷物量が曖昧なまま見積もり取ってしまうと、無駄なお金を払うことになってしまう可能性が高くなります。
トラックを貸し切って引っ越しをする場合、料金は積まれた荷物の量ではなくトラックの大きさで決まります。そして、トラックの大きさににあわせてスタッフも揃えられます。

見積もり時よりも荷物が多く、当日用意していたトラックに荷物が乗り切らなかった場合「積み残し」となります。積み残しの荷物が発生した場合、追加料金を払って引っ越し業者に運んでもらうか、自分で宅配便などを手配して送らなければならなくなります。中には無理やりトラックに空きスペースを作って詰め込んでくれる業者もありますが、荷物の破損などのリスクは覚悟することになります。積み残しがあった場合の対応は業者によって様々なため、不安な場合は見積もりの段階で確認しておくようにしましょう。

積み残しを恐れるあまり、大きすぎるトラックを用意してもらうのもよくありません。前述の通り、トラック大きさに応じて料金が変わるため、荷台の中がスカスカだろうとぎっしりだろうと料金は同じです。空いたスペースにお金を払うことほど馬鹿馬鹿しいことはありません。

引っ越しで損をしないためには、荷物量にあったサイズのトラックの手配が重要になります。

引越し料金を安くする裏ワザ

引越し業者が忙しくなる時期は、1月~3月末頃が一番忙しく、そのあとは秋ごろの
9月頃~10月末頃にもう一度忙しくなります。

ですから、引越し料金を単純に安くしたいなら、この時期をはずして引越しすることで
料金が自然と安くなってきます。

さらに引越し料金を安くするには、荷物の量を減らすことで、料金を安くすることが可能です。
例えば大型の冷蔵庫、洗濯機、大型テレビ、家財道具は引越し業者に依頼し、衣類や小物類などの
荷物を自分で新居に引っ越すことが出来れば、大幅に引越し料金を安くすることが出来ます。

具体的には、レンタカーなどで大型バンを借りて、そこに荷物を詰め込み、
運ぶ方法が一般的で、家族や親族、友人などの力を借りると引越し業者に依頼するよりも
大幅に引越し料金が安くなります。

引越しの見積もりにはネットで完結する、見積もりと、自宅まで引越し業者に来てもらい
訪問見積もりをしてもらう、2つの方法があります。

ネットで完結する見積もりは、便利さがありますが正確な引越し料金は出難く、大まかな
引越し料金になります。

逆に訪問見積もりの場合は業者が、依頼者の自宅まで訪問し、荷物の量や家具家電の大きさに
チェックをして、引越し料金を算出するので、より正確な引越し料金が弾き出されます。

ですので、あなたがもし引越し料金を安くしたいと思っているなら、訪問見積もりの合い見積もりを
積極的に取ることで、より料金を安くすることができます

引越し単身パックは便利?

引越しの単身パックは便利ですね。
昔は一人暮らしの引越しは大変でしたが、今の引越しには単身パックがあるので安心です。
一人暮らしの引越しで困るのは、毎日の仕事に追われて忙しい生活の中で、引越し料金の見積もり等の引越しの手配が出来ないことです。

引越しの単身パックサービスをしている会社はたくさんあります。
日本でも、大手の引越し会社を参考に説明をします。
この、会社のサイトでは簡単に料金のチェックが出来ます。
公式ホームページを開いて、「簡単料金チェック」ボタンをクリックすると、引越しの単身パックの料金チェックができます。
選択項目には、発着地エリア、荷物の選択エリアがあります。このエリアで必要な項目を選択すると金額が表示されます。
発着地エリアでは、現住所と着住所の都道府県を選択します。
荷物の選択エリアには①AV・パソコンコーナー(テレビ・パソコン・プリンター等)、②家電コーナー(洗濯機・扇風機・冷蔵庫等)、③生活用品コーナー(衣装ケース・布団袋等)、④その他コーナー(ゴルフバック・スノーボード等)、⑤ダンボールコーナー(小・中・大)があります。「簡単料金チェック」で、項目を選択して金額を確認すると、引越し料金の目安が分かります。
料金の見積もりにはSサイズとLサイズの組合せで料金が算出されました。
この会社では、引越しの荷物を収納するパックを用意しています。
SサイズとLサイズのパックを用意して荷物を収納します。
そして、SサイズとLサイズの個数と距離に応じて引越し料金が算出されるシステムです。
インターネットで、簡単に引越し料金の概要が分かるので便利なシステムです。
申し込みもインターネットから出来ます。

さらに、インターネットから申し込むと割引があります。
また、荷物を届ける時間帯の指定も出来ます。
引越しの単身パックサービスは便利ですね。
引越をする場合、引越し料金の相場って気になりますよね。
引越しの料金は、もちろん業者ごとに異なりますので、できれば各社から見積りをとりたいところです。
引越し見積もりのサイトなどで引越し業者の見積もりを一括請求できますので、それを利用して見積もりをとって引越し料金の相場を調べるところから始めましょう。
その後、各社の見積もりを比較して、2~3社に対して実際に、家を見てもらって最終的な見積もりを出してもらい、値引き交渉って感じがいいでしょう。

自分でできるスムーズな引越しのポイント

1.引越しシーズン
引越しが一番多いシーズンは3~4月。特に土曜日、日曜日には引越し業者は予約で一杯になりますから、引越しが決まっているときは、早めに予約をしておきましょう。

このシーズンは最低1カ月前から、業者を探しておくのがよいでしょう。もし、引越しを急がないのであれば、3~4月以外のオフシーズンに引越しの予定を立てるのが賢明です。

一番理想的なのは、オフシーズンの平日の朝一番からの引越しです。平日だと休日割増料金もなく、朝一番からの予定にすれば、業者のトラックも遅れる心配がほとんどないからです。

2.事前の準備
準備としては、まず、引越し先での荷物の搬入が、確実にできるかどうかのチェックです。

具体的には、大型の家具や家電製品が、支障なく室内に搬入できるか、玄関の広さや各部屋の入口寸法を確認しておきます。

もし、搬入が難しい場合は、引越し業者に事前に相談しておけばリフトで、窓やベランダからの搬入を準備してくれます。なにより、引越し当日に現地であわてる必要がなくなります。

また、梱包のためのダンボールやガムテープなどの資材は、できるだけ自分で用意しておく方が安上がりです。

業者に全て梱包資材を頼むと、2DKで35,000~46,000円程度、4LDKで
75,000~86,000円程度の出費となってしまいます。なるべく、近所のスーパーや知り合いのお店で譲ってもらったり、100円ショップで用意した方がお得といえます。

また、新聞紙は便利なクッション材として、大いに利用できますので、20~40日分くらいはスットクしておくとよいでしょう。

3.荷札
一度ダンボール箱に、荷物を入れると中身がわからなくなります。そこで、中を見なくても、すぐわかるように荷札を作ってダンボール箱に貼っておくと便利です。

荷物の中身、荷物の置き場所、荷物の通し番号、貴重品・こわれもの、かどうかの4つを大きく記入しておきます。こうしておけば、引越し業者にどこに運んでもらうか、すぐに指示でき改めて自分で、荷物を移動させる必要もなくなります。

また、引越し当日にすぐに使いたい食器や寝具、下着なども手間なく見つけることができます。

4.荷物一覧リスト
全ての荷物に通し番号を付けておき、その一覧リストを作っておくと、荷物の紛失がないか、すぐにチェックできます。

このリストがあると、もし、荷物が紛失したときでも、その場ですぐに業者に”事故証明書”を作成してもらい、後日、賠償請求することができます。

東京電力の引越コンシェルジュは便利?

東京電力の引越コンシェルジュでは、
訪問見積もりと電話見積もりの2種類の見積もりサービスが用意されています。
ご家族など荷物の多い方は、訪問見積もりサービスを、単身などお荷物の少ない方は、電話見積もりサービスがオススメです。
見積もりにかかる時間はたった約5分で、信頼の引越大手6社へ見積が可能となっています。
また、通常のお見積料金からさらに割引サービスを受けられます。
もちろん見積もりは、無料です。
お荷物の多い方は、訪問見積もりサービス、お荷物の少ない方は、電話見積もりサービスと、見積もりサービスが2種類に分類されています。
料金割引もあり、通常見積もり料金から、さらに10%OFFとなっています。
見積もりにかかるお時間は、約5分で、提携引越会社は大手の6社。
引越準備や引越手続きに関するコンテンツも充実しています。

・東京電力 引越コンシェルジュの使い方

◆訪問見積もりサービスの流れ

STEP1.
現住所、引越先住所、引越し業者の選択など、フォームから必要事項を入力します。

STEP2.
選択した各引越事業者から、訪問見積もりの日程の相談のお電話が来ます。
訪問見積もりの日程を決めます。

STEP3.
各引越業者の営業マンが見積もりのためにご自宅に訪問し、お見積もりを行います。

STEP4.
比較検討のうえ、引越し業者を決定し依頼します。

◆電話見積もりサービスの流れ

STEP1.
現住所、引越先住所、引越し業者の選択など、フォームから必要事項を入力します。
約5分程度の入力となります。

STEP2.
選択した各引越事業者から、お見積もりのお電話が来ます。

STEP3.
比較検討のうえ、引越し業者を決定し依頼します。

◆東京電力 引越コンシェルジュの引越し見積もり参加会社

アート引越センター/サカイ引越センター/日本通運/アリさんマークの引越社/ヤマトホームコンビニエンス/松本引越センター

荷造りの時にこれは絶対にやっておいたほうが良い

引っ越しを業者に依頼すると引っ越し専用の箱を持ってきます。この箱に部屋ごと、種類ごとに荷物を詰め込みます。積み重ねても見得る場所に、箱の中身の情報とどこの部屋の物か、そして、引っ越し先のどこの部屋に搬入するのかを明確に表示することが非常に大事なポイントです。

これがないと、引っ越し業者は、一つひとつ、この荷物はどこの部屋なのかを聞いてきます。箱詰めした本人もわからないと適当に箱を積みあげられます。そして、業者の人が帰った後、箱を一つひとつ開けて、中身を確認した後に置くべき部屋まで自分で運ばないといけなくなり二度手間です。

できればカラーのガムテープを使い、部屋ごとに色分けすると非常にわかりやすく、一目で行き先がわかります。業者の人には、前もって引っ越し先の部屋の配置図を渡しておき、この色のガムテープの物はこの部屋ということを明確に図示しておくと、業者の方も効率よく仕事ができます。それから、割れ物については、専用の箱があり、昔のように、割れないように一枚一枚新聞紙で包まなくてもよくなっています。

新聞紙で包むと、時間もかかるし、出すときも一枚一枚新聞紙をはずし、さらに新聞紙をゴミ出し日にだすには、広げなければなりません。燃えるゴミで出そうとすると大量のごみ袋が必要となり、お金もかかります。

2017/08/29

引っ越し やること【もれなく】

目次1 まずやること2 不動産業者からの紹介3 当日4 引越し料金 まずやること 今年の6月に引っ越しをしたのですが、本格的に業者に依頼して行ったのは初めてのことで、業者を選ぶ際にもかなり慎重にならざ ...

2017/04/26

単身パック最安王

もう2年も前の話ですが、以前住んいでいたアパートから現在の住まいに引っ越してきました。 今のマンションは家族で住もうと購入したものです。 1キロ圏内の引っ越しだったため、単身パックの他に小さい荷物は車 ...

2017/02/06

トレファク引越し

トレファク引越し体験談 私は38歳の男性です。28歳の時に結婚して静岡県の磐田市から、静岡県の浜松市に引っ越しをしました。 トレファク引越しで見積もりを依頼しましたが、引っ越し業者に頼まないで、身内や ...

2017/02/02

引っ越し訪問見積もりの即決回避テクニック

訪問見積もりの際、「今決めてもらえればこの価格で引っ越しできます!」と言ったように「即決」を迫ってくる業者は少なくありません。 「即決価格」は格安であることが殆どであるため、値段やサービスに不満がなけ ...

2015/12/18

引っ越しは裏ワザに頼ると大損する

引っ越しは裏ワザに頼ると大損する ・引っ越しの裏ワザに頼らないでください 最近多い引っ越しの裏ワザに関する記事。絶対にだまされないでください。裏ワザなんてありません。引っ越しは一括見積もりサイトに見積 ...

よく読まれている人気記事

1

引越し業者を選定する上で一括見積もりサイトが最も効率的で非常に便利です。 目次1 そんな引越し比較サイトで今最も人気のあるサイトがあります。2 【引越し侍の特徴】3 引越し侍のTwitter4 引っ越 ...

2

■ユーミー引越サービス 〒254-0903 神奈川県平塚市河内370 プロシード小池 5F 受付時間: 午前 9:00~午後 6:00 / 土・日・祝営業 ■ユーミー引越サービスの評判 ユーミーらいふ ...

3

最近評判の「愛の引越しサービス」。 ピンクの看板が目を引きますよね。 地元の子供たちにランドセルをプレゼントしたりといった活動もされているようです。 また、テレビCMにも力を入れており、 ご覧になった ...

投稿日:

Copyright© 引越し見積もりセンター【2018年11月版】 , 2018 All Rights Reserved.