引越し見積もりセンター【2017年版】 » 単身引越し » 

長距離の引っ越し費用

読了までの目安時間:約 4分

■長距離の引っ越し費用、思ったより安く上がりました
私の初めての引っ越しは、今から30年前、転勤の為秋田から大阪に引っ越ししたのが最初です。当時は、現
在のように引っ越し業者の数も引っ越しプランも少なく、何社からか相見積りを取って選ぶという現在のような
選択肢はなく、ほぼ日本通運の独占状態でした。そんな状態の中で、長距離の引っ越しをいかに安くあげるかに
苦心した記憶が残っています。

 夫婦と小さい子供が3人の引っ越しの割には荷物が結構あり、当時のトラック便では該当するのが8トンの大
型しかないとのこと、それだと当時のお金で20数万円という見積りに私は業転しました。私の給料は手取りで
15万円程度、つまり給料の倍ぐらいの金額が引っ越しで消えてしまう勘定になります。

これから費用がかかることを思うと何とか最安い方法が無いものかといろいろ考えた末に、国鉄のコンテナで送
る方法を思いつきました。何故かというと、同じ町内に日本通運にお勤めしている方がいて、いつかその方から
コンテナ輸送が意外と安いと聞いた事があったのです。

 早速連絡してみたところ、コンテナ1個だと大阪の目的地までは作業員が2人ついて16万円、但し荷物の積
み下ろしのお手伝いをしていただければ少しお安く出来るとのことでした。「これでも格段に安いな、荷卸しは
実家と友人、職場の人に頼めば何とかなる」、私はこれだとの思いでコンテナ輸送を依頼しました。結局、最終
的には13万円まで値引きしてもらい、思ったよりも安い金額で契約しました。

 いよいよ引っ越し当日、約束の朝の10時に日通のトラックに積まれたコンテナが到着しました。思ったより
小さめで大丈夫かと思ったのですが、作業員さんに聞いたら、「思ったより入るんですよ」との事なので、「ま、
プロがそう言うんだったら大丈夫なんだろう」と、作業員さんの指示で積み込みを始めることにしました。積み
込み側の手伝い人は15人程来てくれたので作業はあっという間に終了、作業員さんの言う通りコンテナにはま
だ余裕がありました。

 荷卸しは2日後の午前中、私が1日早く車で出発し、妻と子供3人は翌日の寝台列車で引っ越し当日の朝に大
阪に到着しました。そして、駅に迎えに出た私の車に乗って新しい住まいに到着し、一休みしたところにコンテ
ナが到着しました。その時は荷卸し側のお手伝いの方が既に5人程来て下さっていて、早速作業開始です。

 積み込み側よりは人数が少なかったのですが、皆さん引っ越し慣れしているのか、作業は比較的スムーズに進
み、荷物の配置までの作業が午前中には全て終わりました。

 今回の引っ越しに要した費用は、コンテナ輸送の分が13万円、お手伝いの方の昼食、飲み物代が約3万円と
当初提示された20数万円よりはかなり安く上がり、私としては大いに満足でした。

↓引っ越し業者の無料見積もりで節約したい方はこちら↓

単身引っ越しをするなら、大型白物家電は買ってはダメ!

読了までの目安時間:約 3分

■単身引っ越しをするなら、大型白物家電は買ってはダメ!
初めての一人暮らしで単身アパートへの引っ越し。
そんな人へおすすめしたいことがあります。
それは、実家に居た時と同じように、あれこれと家具などを揃えがちだと思いますが、荷物は極力、最低限に留めることです。

というのも、最近建てられたアパートといえども、隣人宅との壁は非常に薄く、もちろん天井も非常に薄いもの。
当然ながら生活音は聞こえますし、耳障りな音楽などの騒音トラブルはけっこうあります。
要は、引っ越したはいいけれども、生活環境が気に入らないことはけっこう多いんです。
もちろんそんな時は、普通はアパートの契約は二年ですので、違うアパートに転居したいものだと思います。

しかし、そんな時に足かせとなるのが冷蔵庫や洗濯機といった大型白物家電です。
大きく重いこれらの家電は、引っ越しとなると業者に頼むしかなく、もしくは処分するしかありません。
となると、簡単には引っ越しすることができなくなり、結局、住みにくい環境にも関わらず、妥協してそのアパートに住み続けなければならなくなったりと、生活必需品であるはずの大型白物家電が、かなりの足かせになってしまうんです。

なので、単身者の方が引っ越しをする際、いきなり冷蔵庫などは買わずに、まずはほとんど空身で引っ越してしまうことをおすすめします。
特に都内23区内に引っ越す場合は、自宅の周りにスーパーやコンビニ、飲食店が充実しているので、冷蔵庫がなくても十分に生活できます。
また、コインランドリーもかなりの数があるので、男性ならばそれで十分。
23区内は、大型白物家電がなくても生活が成り立つようになっているので、大いに活用しない手はないと思います。

しかし、そういった環境にないといった状況や、どうしても自宅に冷蔵庫などが欲しい場合は、家電のレンタルを利用してはいかがでしょうか。
多くの場合が設置費や回収費が無料、交換無料となっていて、安いところだと、冷蔵庫と洗濯機のほかにテレビと電子レンジがついて、二年の利用料金が62,000円と、自分で買うよりも断然お得。
こういった業者を利用することで、単身の引っ越しがかなりしやすくなります。

単身者が引っ越す場合は、いきなりあれもこれもと揃えずに、最低限に留めることをおすすめします。

引越し見積もりは2社以上

読了までの目安時間:約 2分

引越しをする際に一番気になるのは引越し業者に頼む料金だと思います。
全ての荷物の荷造りから設置までしてくれる「おまかせパック」は高くつくから私としては論外です。
引越しの荷物は自分で詰めましょう。あと一番のポイントは引越しの見積もりは2社以上にお願いすることです。
そしてその内の一つは安さが売りの中小会社に見積もりを依頼して、一つは本命の大手引越し会社に見積もりをしてもらうのです。

ここで重要なのは最初に中小企業の方に見積もりをしてもらう事です。そして見積書を出してもらい他社を比較して検討したいとその場では保留にしておくのです。そして大手引越し会社に見積もりを出してもらい 大手の方が高い場合はすかさす、既に貰っている見積もりを出して値段を交渉します。

やはり大手引越し会社さんの方が安心して任せることが出来るし、契約するとお米とか貰えます。
引越しシーズン以外なら大手といえどもお客さんは逃したくないので他社見積もりを見て その金額と同等までに引き下げてくれます。ただしその場合はその場での契約をお願いされますけどね。むこうとしても何度も交渉して引き下げるという自体を避けるために「今契約してくれるなら この値段まで下げます」って言ってきますね。

私はその方法で6万円程だった見積もりを4万円くらいまで下げてもらいました。

引越し参考情報
引越し見積もりサイト集
人気引越し業者